QLOOKアクセス解析

Entries

スポンサーサイト

就業規則の運用など雑感

久々の更新ですね。ここ最近、士業仲間達からのご紹介や、数年前に手続でご依頼頂いた事業主さんからの、顧問契約や就業規則のご依頼が連続しております。とくに今までと違った動きをしたわけでないので、今回のご縁の連続には心から感謝なのです。ご依頼頂いた皆様のお話には共通点があります。語弊のある言い方かもしれませんが、形式上の就業規則を備えてはいるけれども、和を乱す従業員に対処しきれなくて困り果てていたという...

ルールが必要

こんにちは。本日は土曜日。一般的に、お休みの会社様も多いかもしれませんね。本日は、朝一番から、顧問先企業様との打合せ。企業は人間の集まりでもありますので、やはり色々なルールが必要となりますよね。そこで就業規則が必要となってきます。「10人未満なら必要ない」というお声を聴きますが、これは間違いです。10人未満なら、作成&届出が不要なだけです。たった一人のアルバイトも、3000人の社員さんも、同じ労働法が適用...

就業規則の「設置・見直し」をしませんか?

●最新の法改正に合っていますか?●就業規則の変更は、不利益変更の訴訟リスクを考慮していますか?●就業規則にあっても、発動できないものがあることをご存知ですか?●就業規則の運用方法は、専門家のアドバイスを受けていますか?●就業規則を労働基準監督署へ届け出ていますか?●従業員10人未満でも、就業規則でトラブルを予防しませんか?●御社の風土に合ったオーダーメードの就業規則ですか?●休職規定、退職・解雇規定、懲戒...

トラブル回避のための就業規則運用(11)/当然(自然)退職

ウダウダと書き続けて、シリーズ10回目になるんですね。本日は、「長期の期間、行方が分からなくなった従業員」への解雇についてです。ちなみに、法律上の「行方不明」ではなくて、あくまでも「長期間の所在不明」というニュアンスでお読みください。就業規則で、長期の所在不明の社員に対しては「解雇」と規定している就業規則をよく見かけます。結論から申しますと、行方が分からなくなった社員への「解雇」は非常に手間ですし、...

トラブル回避のための就業規則運用(10)/就業規則の「届出」

今回もトラブル回避のための就業規則運用についてです。連続ネタで恐縮です…。そしてまたまたイラストで概要をお知らせしてみようと思います。今回のテーマは「就業規則の届出」についてです。労働基準法第89条(作成及び届け出の義務)「常時10人以上の労働者を使用する使用者は、次に掲げる事項〔2(1)及び(2)の記載事項。 以下同じ〕について就業規則を作成し、行政官庁〔所轄労働基準監督署長〕に届出なけ ればならない。次に...

トラブル回避のための就業規則運用(9)/労働時間のカウント手順

今回も、またまたトラブル回避のための就業規則運用についてです。いつもとイメージを変えまして、イラストで概要をお知らせしてみようと思います。今回のテーマは「労働時間のカウントの手順」についてです。まず下記の図をご覧ください。手計算をする場合のカウントの手順は①→②→③となります。三六協定で時間外の協定をしていない場合では、「1週40時間、1日8時間」が労働時間の限度となっています。ちなみに、「残業」と「時間外...

トラブル回避のための就業規則運用(8)

久々になってしまったこのシリーズですが…(汗)。今回は「減給の制裁」、つまり「罰金制度」について、ほんの少しだけ概要を書かせて頂きますね。具体的にイメージしやすい例としては、◆遅刻したら1,000円の罰金◆顧客からの解約の場合には50,000円の罰金などなどでしょうか。結論から申し上げると、軽微な事案に対しての適用はお勧めしません。労働基準法第91条では「制裁規定の制限」が定められています。「就業規則で、労働者に...

トラブル回避のための就業規則運用(7)

今回は、「労働条件の明示」というテーマで簡単にお話しさせて頂きます。事業主様に是非お役立てて頂きたいと思います。労働基準法の第15条の1項という部分で、このことが明示されています。「使用者は、労働契約の締結に際し、労働者に対して賃金、労働時間 その他の労働条件を明示しなければならない。この場合において、 賃金及び労働時間に関する事項その他の厚生労働省令で定める事項 については、厚生労働省令で定める方...

トラブル回避のための就業規則運用(6)

前回の「割増賃金」の計算基礎に引き続き、今回は「平均賃金」の計算についてです。今回は、細かく書くと膨大な量になってしまうため、あくまでも概要のみを書かせて頂きますね。よって、すべてが下記に当てはまるわけではないことをご承知おきくださいませ。平均賃金とは、①解雇予告手当、②休業手当、③年次有給休暇の賃金、④災害補償、⑤減給の制裁の制限額の算定の場合に、その計算の基礎として用いられるものです。原則的な算定...

トラブル回避のための就業規則運用(5)

本日は、 割増賃金の計算基礎に含めない賃金 についてお話ししたいと思います。割増賃金(時間外、深夜、休日)の計算基礎には、下記の手当等は含めないで計算します。 ①家族手当 ②通勤手当 ③別居手当 ④子女教育手当 ⑤住宅手当 ⑥臨時に支払われた賃金 ⑦1か月を超える期間ごとに支払われる賃金もしこれらを計算基礎に含めて、例えば法定割増率を1.25倍(時間外・深夜)、1.35倍(休日)した場合、余計に割増賃金を支払って...

Appendix

プロフィール

小林 隆広

Author:小林 隆広
【トリニティー社会保険労務士事務所】
http://www.sr-trinity.com

【業務外ブログ】
「Basset Hound な台東区の 社労士」
http://ameblo.jp/sr-trinity/


1470142_194122610774845_1634492254_n.jpg
【ミャンマーブリッジ株式会社】
http://www.myanmar-bridge.jp/


top_無料メール相談
<無料メール労働相談>
ご希望の方はココをクリックして下さい!

top_メンタルヘルスEAP
<メンタルヘルス EAP>
ご希望の方はココをクリックして下さい!




にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 上野・御徒町・浅草情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村




〒110-0005
東京都台東区上野3-19-5田沼ビル2階
TEL 03-6240-1748
FAX 03-6240-1749

代表/特定社会保険労務士 小林 隆広
(登録番号 第13090006号)
◆東京都社会保険労務士会 会員
◆中小企業福祉事業団 幹事
◆東京商工会議所 会員
◆越谷市商工会 会員
◆メンタルヘルスEAP/T-PEC正規代理店
◆ミャンマーブリッジ(株)常務取締役

1461289_560662547342364_702586773_n.jpg

H22年9月よりスタートした、東京下町の御徒町(おかちまち/台東区上野)で営む小さな事務所。

労務相談、労働トラブル対策、就業規則、メンタルヘルスEAP導入、ミャンマー輸出入支援・進出支援は当事務所にお任せください。


【主な取扱業務】
◆経営労務リスク相談・コンサルティング
◆就業規則や協定書の制定・見直し・届出
◆労働トラブル(個別労働関係紛争)の相談・あっせん代理(案件内容によっては弁護士との共同受任)
◆メンタルヘルス対策・EAP(従業員支援プログラム)の導入支援
◆助成金相談・申請業務
◆中小企業事業主様等の労災特別加入
◆人事労務に関する業務
◆社内説明会・セミナー等講師
◆社会保険・労働保険等の事務代行、給与計算
◆その他、労働・社会保険関係諸法令に関する業務
◆ワンストップサービス(提携各士業者・提携各種業者の紹介・ビジネスマッチング/紹介料不要)
◆新規開業の支援
◆ミャンマー輸出入支援・進出支援


【想い】
トリニティー(Trinity)とは英語で三位一体(さんみいったい)のことを指し、「三者は等質で不可分」であるということを表します。
事業主様、従業員様、そして法律の「三者」が上手に調和し、信頼関係によって事業が大きく発展できるように、一緒に悩んで、一緒に泣き笑いをしたいと願う日々です。

いままで多くの人々に支えられてきました。
これから出会う人々へリレーすることが最大の恩返しと思っています。


【経歴】
平成5年 日本大学商学部卒。
大手リース会社で営業担当、大手機械メーカーで営業職と営業所長職に従事。

その後、一念発起し労働法の世界へ転身。

大手労働法務コンサルタント会社を経て、特殊電子部品等のメーカーで勤務社会保険労務士として労働法務業務に従事。

数多くの知人や友人の応援やご支援をいただき、H22年9月に独立開業しトリニティー社会保険労務士事務所を開設。

H25年11月より、ミャンマーブリッジ株式会社の常務取締役に就任。

【趣味】
犬や動物をこよなく愛し、写真撮影や車も大切な息抜き。


【お願い】
当サイト内の文章や写真の無断転用はご遠慮下さい

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。